第21回定例研修会のご案内です。

セミナータイトル『最近起きがちな紛争類型と解決策~生前どうしておくべきだったか~』
研修内容
(1)経歴と事務所紹介
(2)遺産分割紛争の実情
(3)生前の預貯金引出を巡る紛争
(4)遺産収益の分配を巡る紛争
(5)遺産管理費用を巡る紛争
(6)遺言と遺留分
(7)将来の紛争回避のために採りうる方策

【講 師】弁護士 桑原 貴洋氏 弁護士法人桑原法律事務所代表
1993年横浜在住。1996年中央大学法学部卒業後、同年、司法修習で佐賀に配置となり、初めて九州で暮らし始める。1998年弁護士過疎地であった佐賀県武雄市で開業。2013年、佐賀県弁護士会会長、九弁連常務理事、日弁連理事を務める。2016年に福岡県弁護士会登録後、現在に至る。弁護士資格の他、税理士および家族信託専門士資格を保有。武雄オフィス・佐賀オフィス・福岡オフィス。ホームページhttps://www.kuwahara-law.com/ 福岡県弁護士会/中小企業法律支援センター・福岡県弁護士会/高齢者・障がい者権利委員会・福岡県弁護士会/犯罪被害者支援委員会・福岡県弁護士会/交通事故委員会・福岡県事業承継支援ネットワーク専門家登録など。

【日時】 2018年12月8日(土) 16:00~18:10
終了後、希望者による懇親会を予定しています。

【会場】GGソーラービル10階中会議室
http://www.grandgroup.co.jp/company/kaigi.html
福岡市中央区天神3-4-9(入口はローソン横)
092-714-0451
※定員(45名)になり次第、締め切らせていただきますので予めご了承下さい。

【参加費】会員無料 ビジター3,000円

《第2部》懇親会
【時 間】 18:30~ 場所/未定(近隣にて4,000~5,000円にて予定しています)
【参加費】 当日会場でお支払い下さい。
※12月6日以降のキャンセルについては、キャンセル料100%を申し受けます。

奮ってのご参加をお待ちしております!